発泡酒の常識が覆る「 Passion Fruit Kicker パッションフルーツキッカー 」を今すぐ飲め!

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20160808073344j:plain

 

どうもコンニチハ、ぼく(@diy_or_die_)でございます。

 

激ウマなお酒探しが趣味のボクですが、先日、とある発泡酒を飲んだら超衝撃を受けました。

ウマ過ぎて「これをまだ飲んでない人は人生損してる!」って素で思いました。

 

Passion Fruit Kicker パッションフルーツキッカー 

 

f:id:whochico:20160904091523j:plain

 

それがコチラの「Passion Fruit Kicker パッションフルーツキッカー 」です。

 

  • 原産国:アメリカ合衆国
  • アルコール度数:5.5%
  • 原材料:麦芽 ホップ パッションフルーツ

 

 上記ショップから商品説明を引用させていただきます。

 

パッションフルーツの香る紅茶とパッションフルーツジュースを使ったウィートエールである。

ほんのりとしたクリーミーさとソーヴィニョンブランのワインに似たミネラル感がフルーティな酸味を際立たせる。

グラスに注ぐと曇ったゴールデンに白いヘッドがうっすらと乗る。

アロマはパッションフルーツを始めとしてグァバ、マンゴー、ピーチなどトロピカルフルーツの盛り合わせのよう。

かすかに紅茶のニュアンスも感じ取れる。

味わいは爽やかな酸味、パッションフルーツのフルーティさとともに紅茶、ウィートモルト、ラズベリーが口の中に広がる。

フィニッシュはクリーミーで酸味が残る。

とてもリフレッシングで誰にとっても飲みやすい仕上がり。

無濾過で陽気なこのウィートエールは、まるでパッションフルーツの実から果実をくり抜いた容器でビールを飲んでいるかのような気分になる。

これまでにない新しいフルーツビールをご体験あれ。

 

 「 Passion Fruit Kicker パッションフルーツキッカー 」を飲んだ感想

 

最初の一口でノックアウトされました。

 

え?これ発泡酒なの?

 

って感じです。

 

口に含んだ瞬間にグアングアン鼻から突き抜けるパッションフルーツを筆頭としたトロピカルフルーツの爽やかな香りが、麦芽やホップの味の邪魔にならない感じの超絶妙な調和具合でなんとも不思議な味わい。

 

その絶妙で爽やかな味もさることながら、強すぎない炭酸と苦みが後を引く爽やかな喉越しを引き立てます。

もうね、気付けばグビグビいっちゃってますね。

そういった意味では、ジュース感覚で飲んでしまう「美味すぎる危険な発泡酒」と言えますねw

 

まとめ

 

いやー、今回の「未飲酒チャレンジ」は大収穫ですね。

こういう出会いがあるから挑戦せずにはいられないw

 

モチロン大収穫の裏には倍以上の失敗があるんですが、自分で飲んで「コレはマジで美味い!」と感じたモノは備忘録という意味でも、このブログでご紹介していく所存でございます。

 

ちなみにですが

 

f:id:whochico:20160904091543j:plain

 

パッケージ横の「横乗り系アイコン」がお気に入りですw

確かにそっち系の人に受けそうなごキゲンな味ですがw

 

Passion Fruit Kicker パッションフルーツキッカー 」、まだ未飲なら是非是非ご賞味あれ。

 

新しい世界が扉を開けますよ!

 

 

【お酒】の関連記事です