うつ病のセルフチェックで軒並み【重度】な件

このエントリーをはてなブックマークに追加

デリケートなテーマだから書くか迷ったんだけど、自分の性格ゆえに誰にも言えないし、吐き出すこともできないから記事にすることにした。

 

結論から言うと、もしかしたら俺は鬱なのかもしれない。

 

 うつ病のセルフチェックが軒並み【重度】

 

最近、心身共に調子がすこぶる悪い。

 本当に、いまだかつないほど絶不調で、自分が少しずつ日に日に変わっていくのが怖い。

 

「あれ?俺って今までこんなんだったっけ?」

 

という、悪い意味での気付きが多い。

 

よく「病は気から」って言うけどアレって多分本当で、精神面での不調って身体的にも表れるのね。

これまた日に日に体調も悪くなる一方で、正直、毎日が辛い。

どうすれば改善するのかを毎日ひたすら考えている。

 

体に起きた変化とその症状

 

「自覚がある人は鬱じゃないよ」

 

とはよく聞くが、はたして本当にそうなのだろうか。

あからさまな変化や症状によって、否が応にも不信に思うこともあるのではないか。

 

とりあえず、一連の変化を整理するためにも、変わってしまった自分、表れだした『症状』についてまとめる。

 

寝つきが悪くなった

 

以前も精神に負荷がかかると2〜3時間、ヒドイと朝まで眠れない、なんてことは数ヶ月に1回くらいのペースであったんだけど、最近は毎日寝付きが悪い。

以前の自分と比べると悪過ぎる。

 

基本的に眠りが深く、疲れているとすぐ眠れるタチだったけど、最近はベッドに横になっても『毎日2時間』は余裕で寝れない。

色んなことを考え過ぎて頭の中がウルサイんです。

数多の単語が蠢いて睡魔をどこかへ飛ばしてしまう。

 

眠いのに眠れないんですよ。

意味が分からないです。

 

目覚ましより早く起きる

 

眠れないのに早起きという矛盾。

熟睡してないんですよ?

目が覚めて「あれ、目覚ましなった?寝坊か?」なんて感覚で時計見ると

 

目覚ましが鳴る30分前。

 

なんてのがザラで、しかもこれが毎日。

だから常に眠い。

 

疲れが取れない

 

で、結果がコレ。

こんなんが毎日だと疲れなんか取れなくて当たり前だよね。

 そこに輪を掛けて数少ない休日でさえ仕事のことが頭から離れないから、さらに疲れる。

 

いつからかオンとオフの境が曖昧(というかなくなった?)になってしまったことにより、精神面が休まる時間が極端に少なくなった=身体的疲労も蓄積されるばかりで悪循環、負のスパイラルに陥ってしまった。

 

自己犠牲と自意識過剰と自己嫌悪

 

「俺が我慢しよう」

 

「俺がこうすればいい」

 

「こうすればこの人はこうなるだろうから言うのは止めておこう」

 

「こう言えばこう思われる」

 

「これが出来なければこう思われる」

 

いつからか優先事項が自分の本心より他者に向けられるようになっていた。

 

自分本位になれないし、言葉を選び過ぎて発するまでのタイムラグが長い。

もしかしたら、仕事関係の人間にはコミュニケーション障害だと思われているかもしれない。

人の顔色を伺い気を使い過ぎているとは自分でも思う。

 

そして、そんな自分が嫌で嫌で、深い自己嫌悪に陥る。

 

日々がその繰り返し。

 

倦怠感からの気力低下

 

もしかしたら順序が逆かもしれないけど、陰鬱な日々の繰り返しで、ここしばらく気分が晴れる時間がない。

頭の中では常に考え事をしていて人の話が耳に入ってないことも増え、もの覚えが悪くなっている実感がある。

 

脳が疲れているからなのか体が疲れているからなのか、抗えない倦怠感に支配され続けた結果、昔に比べて体の動きが格段に遅くなってしまった。

それに伴い気力も失われ、何に手をつけても集中力を欠いてしまい凡ミスの連続でまた自己嫌悪に陥る。

 

朝を迎えるのが怖い

 

眠りにつくため瞼を閉じるとき、

 

「明日が来なければいいのに」

 

「このまま目覚めなければいいのに」

 

という願望を抱くようになってしまった。

 

はっきり言って今は時間の経過が恐怖でしかなく、精神的に余裕がないからか常にイライラしている。

1分、1秒単位で支配されている感覚に、心に平穏を感じることができなくなってしまった。

 

強くなる不安感と異常な心配症

 

元が神経質な人間ではあったが、最近はさらに加速して病的なまでの心配症になっているように感じる。

 

戸締りに始まり蛇口の閉め忘れ、電気の消し忘れ。

確認したはずなのに何度も心配になり、その場で立ち尽くすことも頻繁にあるので、ただただ時間ばかりが無駄に過ぎる。

 

常に最悪の結果を想像する癖がついてしまった。

拭えぬ不安感に苛まれ、本来落ち着くはずの家でも常に頭の中には仕事があり、気づけばボーッと呆けている時間がある。

 

ハッと気付き平静を装うが、普通ではない印象を与えてしまっているかもしれない。

 

不意に涙が溢れる

 

うつ病のセルフチェックに至った最たる理由が、この「不意に涙が溢れる」という現象。

 

昔から感動モノの映画などで泣いてしまう涙もろいタイプではあったが、そういった外的な要因なくして不意に涙が溢れてしまう現象が起きた。

しかも、外を1人で歩いているとき、人目があるにもかかわらずだ。

 

そのときも色々と考え事をしていて頭の中がうるさく、自らに問いかけた無数の問題に頭がパンクしそうになり、「助けてほしい」と思った瞬間、涙がポロポロと溢れてきた。

 

幸いにも数秒で収まったが、もし涙が止まることなく流れ続けたとしたら、と思うと怖くなる。

 

どうすればいいのだろう

 

そんな問い掛けを毎日続けている。

はたして改善策はあるのか?

 

やはり心療内科に行ってハッキリと診断してもらったほうがいいのだろうか?

 

下された診断結果でさらに悪化してしまうんしないかという不安。

家族に心配させてしまうかもしれない不安。

迷惑をかけてしまうかもしれない不安。

 

色んな葛藤の中で不安だけが募り、出口と答えを見つけられない自分の不甲斐なさに嫌気がさしてくる。

 

結婚して早々、迷惑ばかりかけている妻に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

 

 まとめ

 

結局、未だ何の答えも出せていないので、もう少し自分なりに調べてみようと思う。

 

ちなみに、うつ病のセルフチェックは「うつ病 セルフチェック」で検索すれば出てくるサイトがいくつもあって、上から順に片っ端からやってみた。

結果として【重度な鬱】、そして【早期の診断】を促されたが、もう少し様子を見ながら慎重に決めようと思う。

 

答えを欲しがりながらも、蓋を開けてみるのがとても怖い。