3回目にしてグーグルアドセンス審査通過。その過程を綴る

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20170826090842j:plain

 

3回目にしてやっとグーグルアドセンスの審査を通過しました。

長かったような、短かったような。

 

 

3回目にしてグーグルアドセンス審査通過

 

 

アドセンスの審査方法や前提条件については検索すれば腐るほど出てくるので端折らせていただきます。

 

ぼくも検索で調べまくったクチなのですが、どうやら巷では数ヶ月〜半年以上も申請が下りない方もいらっしゃるようで、正直「うへぇ、俺のブログ通るのか?」なんて半信半疑でした。

しかしいざ申請してみると、期間にして約1ヶ月弱、通算3回目にして無事に通過することができ、半年以上を覚悟していた分ちょっと予想外で驚いております。

 

しかも申請3回のうち最初の2回は自分のリサーチ不足、要は凡ミスでの却下(多分)だったので、今考えればもっとスムーズに、もしかしたら1発で通過した可能性もあったかもしれません。

 

ということで、今回は当ブログの審査通過までの経過、施策について書こうと思います。

 

まずはアドセンスに申請したときの当ブログのスペックなどを。

 

グーグルアドセンス申請時の当ブログ

 

  • PV:23356
  • 記事数:300強

 

てな具合です。

 

記事数が「300強」と漠然とした数字になってしまったのは、後述する施策のせいで記憶が曖昧になってしまいました。

ただ、感触としてはぶっちゃけ記事数が重要だったとは思えないのでご了承ください。

ちまたでは二桁でも通った例もあるみたいなので、ある程度の記事数があればイケるんじゃないかなと。

 

ちなみにデータは申請した月の前月のものですが、申請前に独自ドメインに変更したらただでさえ少なかったPV数がガタ落ちで弱小ブログ丸出しです。

とは言え、このくらいのPV数でも通りますよ、という例になればと思います。

 

申請1回目

 

独自ドメインに変更直後、まずはとりあえず申請してみよう!ということで、なんの施策もせずに行ってみました。

 

すると3日後くらいに不認可のメールをいただきました。

 

そして、グーグルアドセンスのプログラムポリシーやネット上のアドバイス、参考になりそうなサイトやブログを読み漁り施策することになります。

 

1回目後の施策「低評価な記事の削除」

 

調べてみると、どうやら低品質な記事などが多数ある場合は低評価の傾向にあるようで、何年か前に別のブログサービスで書いてリライトもせずに放置していた、恐らく該当するであろう過去記事を片っ端から削除しました。

 

リライトする余地もないほど低質で日記的な記事だったので躊躇なく削除です。

削除削除&削除。

 

申請2回目

 

不認可メールを確認後、過去記事を削除してすぐの翌日には2回目の再申請を申し込みました。

 

その翌日に不認可のメールを確認。

受信の時間を見ると、どうやらぼくが申し込んだ数時間後にはメールが届いていたようです。

 

2回目の施策「2週間空けて申請」

 

え?早くない?

 

と思いまた調べてみると、どうやら不認可のメールを受け取った直後の再申請に対しては機械的に却下される場合があるそうで、最低でも二週間は空けてから再申請したほうがよい、との情報を見つけました。

どうりでレスポンスが早すぎると思ったぜ。

 

ということで、今度は2週間以上空けてみることにします。

 

3回目の申請前に行なった施策

 

機械的に却下されるとは言え、はたしてそれが原因での不可なのか、それとも別の原因があるのかは確かめようもないので、できるかぎりの対策をしておこうとまたしてもリサーチの鬼になります。

 

すると、グーグルアドセンスのプログラムポリシー内の「コンテンツガイドライン」にこんな情報を見つけました。

 

  • 暴力的なコンテンツ
  • ビールやアルコール度の高い酒類の販売

( 出典:グーグルアドセンス プログラムポリシー )

 

要は、上記の内容を含むコンテンツに広告を載せたらあかんぜよ、ってことかと思います。

消してしまった過去記事の他にも、こういった内容を含む記事があることを思い出しました。

 

該当の記事はもう削除してしまったので紹介はできませんが、内容を簡単に説明すると

 

  • 実際に飲んで美味しかったクラフトビールのまとめ記事
  • 今後発売されるグラフィックがハイクオリティのゲームを動画ありで紹介(暴力表現アリ)

 

▲多分、これらが原因なんじゃないかなぁと思い、たいしてアクセス数の足しになっていないそれらの記事も削除。

未練はない。

 

それと、カテゴリー内に1記事しかないような場合も低品質と見なされる場合があるそうなので、該当するカテゴリーは削除、記事については他のカテゴリーに移動させました。

 

と、過去記事を削除しまくったおかげで、300以上あった記事がこの段階で「230」くらいまで減少。

ざっと60記事くらいは消しましたかね。

最初に「300強」と曖昧なデータを書いたのは、このときの「削除祭り」が原因で正確な数字が分からなくなってしまったからなんです。

ごめんなさいね!

 

それにしても、どんだけクソ記事を量産していたかっていうね . . . . . 。

 

3回目の申請

 

3週間ほど空けた翌る日、再び3度目の申請へ。

すると約2日後、無事に認可のメールをいただき今に至ります。

 

まとめ

 

という流れでした。

 

1回目と2回目のときにもっとちゃんと調べて対策をしていたら、きっと1発で通ったであろう感触があります。

実際、特に難しいことはやっておらずただ記事を削除、もしくは移動させただけなので、アドセンスのプログラムポリシーの内容をちゃんとよく読めば意外とすんなり通るんじゃないかなぁという印象です。

 

とはいえ、実際どの施策が正しかったのかは分からないので、通るまで根気よくトライ&エラーを続けるしかないんですけどねw

 

全然アドセンスに通らないんだけど!?

 

って方の一助のなれば幸いです。

 ではまた。