車中泊を快適にするグッズまとめ。グッスリ寝るには必要なものが多いぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20170802175537j:plain

 

自分、車中泊マイスターになろうと思います。

 

 車中泊を快適にする役立つグッズをまとめた!

 

www.katasumi-diy.com

 

納車日が近づいてきたので、ここらでいっちょ、車中泊が捗る快適グッズについて改めてまとめる。

 

深夜のサービスエリア&パーキングエリアの異常なワクワク感。非日常を味わいたいなら高速道路に飛び乗れ! 」でも書いたようにボクはもともと車中泊が大好きな人間なのですが、フリーランスで独立するにあたって普段使いの自家用車を仕事用の作業車専用にしちゃったタイミングで「この車じゃ車中泊できないから、しばらくお預けだな〜」ってことでほとんどの車中泊グッズを処分してしまったのです。

 

なのでまた買い集めなきゃいけないはめになり、おさらいの意味もこめて「これらは装備しないと車中泊キビシいぞ!」ってグッズをまとめるに至りました。

 

これから車中泊を始めたいビギナーの役に立てば幸いでございます。

では早速いってみまっしょい。

 

 

車中泊を快適にするグッズ:必須編

 

まずは「これは車中泊に絶対必要だな!」ってグッズを紹介していきます。

 

カーテン

 

 

まずカーテンがあると目覚めの質が違います。

日の出とともに起床したい人はなくてもいいとは思うんですが、どちらかというとぼくは「目覚ましの時間まで寝たい」タイプなので、外的要因に目覚めを左右されたくないんですよ。

 

「うわ、もっと寝たかった . . . . . 」

 

って渋々起きるのって嫌じゃないですか?

 

それと「車中泊の恐怖体験」でも書きましたが、まぁそんなに遭遇することはないとは思うけど「夜中に車の中を覗かれる」のがめっちゃ怖いんですよ。

もうトラウマになっちゃってるんで、そんな体験を回避するためにも車中泊に「カーテン」は必須。

日除けにもなるので、快適な車中泊になくてはならないグッズと言えるでしょう。

 

マットレス

 

 

マットレス無しで眠れないこともないですが、翌朝必ず体がギチギチで寝起きが最悪なのでオススメできません。

故にマットレスも必須アイテム。

 

マットの厚みに関しては好みがありますが、ぼくとしては最低でも「10cm」ないと経験上キツいっす。

なので10cm以上がオススメですね。

 

それと、エアー式のマットレスよりはウレタン製のほうが好きです。

というのも、エアー式ってビニールだからこすれるとギチギチ音が鳴るんですよ。

それがうるさくてなかなか寝付けなかったので、ぼくは断然「ウレタン製の10cm以上」をオススメします。

 

車中泊を快適にするグッズ:あるに越したことはない編

 

お次ぎは「なくてもいいけどあれば捗るよ」ってグッズを紹介していきます。

 

 ベッド

 

 

色んなメーカーさんから車種に合わせたベッドキットが発売されてます。

 

もちろんあったほうがいいのは間違いないですが、ぼくが買ったセカンドカーは「ベッドが無くてもイケる」予感がしてます。

そこらへんは納車してからまた追々レビューしますが、要はなるべくフラットにして段差や隙間をブランケットやタオルなんかで埋めてあげれば解消できると思うんですよね。

 

ちなみに作業車になっちゃったワンボックスカーは後部座席と荷台を倒してあげるとデフォルトでフラットになったので、車中泊のためにベッドキットを新しく購入する必要はなかったです。

 

ま、ベッドがあったほうが寝やすいことは確かですね。

 

USB充電式 小型扇風機

 

 

暑いからといってエアコン点けたいがためにアイドリングしっぱなしで就寝するのは周りの迷惑になるので自重しましょう

 

じゃあ寝苦しい夜はどうするかというと、そこで活躍するのが「小型の扇風機」なんですね。

これがあるのとないのとでは大違いです。

 

オススメの使い方としては、まず窓を少しだけ開けて中の空気を循環させるようにしましょう。

そして小型の扇風機で中の空気をかくはんさせるようにしてください。

 

これで中の空気が籠ることがないのでかなり違ってきます。

 

ただここで注意したいのは、窓を開けているとヤバい虫が侵入してくる場合もあるので、できれば▼のような車用の網戸を併用するのが良いです。

 

  

寝袋

 

秋から冬にかけては「寝袋」もあったほうがいいですね。

羽毛布団なんかをぶっ込んでの車中泊も情緒があって個人的には好きですが、いかんせん使ってないときにかさ張るんですよ。

かといって敷きっぱなしでの移動はなんかだらしなくて好きじゃないし . . . . . 。

 

ってことでコンパクトに収納できる「寝袋」がオススメ。

 

ちなみにぼくは【mont-bell】のを愛用してます。

 

 

最低使用温度」なる規格がありますので、出向く先のシチュエーションを考慮した選択をしましょう。

ちなみに▲は超絶暖かいのに軽くてふっかふかで最高に気持ちいいです。

 

LEDライト

 

もちろん車内灯でも充分なのですが、長時間の点けっぱなしはバッテリーが心配ですよね。

なので車内灯以外の灯りを用意しておくことで、1人なら読書、誰かと一緒ならカードゲームなんかのレクリエーションが楽しめたりします。

 

アウトドアメーカー各社からLEDライトが販売されているので、お財布と相談しながらお好みのデザインで購入するといいと思います。

 

 

ちなみにぼくは【makita】のライトを使ってます▼

 

 

仕事で使っているものなんですけどねw

でもこれ充電式のバッテリーを使うタイプなので、とりあえず家で予備も合わせて2個充電して持っていけばけっこうな時間の灯りが確保できるので、コスパ的にも重宝してます。

 

車中泊を快適にするグッズまとめ。のまとめ

 

とまぁこんな感じにまとまりましたが、遊び用の車を買ったことでこれからガンガン車中泊に行く機会も増えるので、また「お、コレ便利だな!」ってグッズを発見したら当記事に追加していこうと思います。

 

ではまた!

 

【▼車中泊での恐怖体験はコチラ▼】

 

 

▼車中泊用に軽自動車を買いました▼