【お手入れ】パタゴニア・レトロXのフリース毛玉取りに成功!

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリースの毛玉を取る方法

 

フリースって使い勝手が良いアイテムだけど、たった一つだけ難点あるよね〜。

それは . . .

 

毛玉!!! 

 

 【お手入れ】パタゴニア・レトロXカーディガンのフリース毛玉取りに挑戦!

 

  

*本文に入る前にご報告させていただきます*

当ブログにお越しいただきまして誠にありがとうございいます。

この度、執筆活動のフィールドを新ブログに移しましたことをご報告させていただきます。

つきましては、既存コンテンツは残しつつも当ブログ『どこかの片隅 DIY』の更新を一時的にストップし、ゆくゆくは新ブログとの統合、もしくは別のブログへと移設する予定でございます。

今後しばらくは新ブログ『車中泊ライフ』一本で活動して参りますので、お時間ありましたらソチラの方にもお立ち寄りいただければ嬉しく思います。

新ブログはこちら→車中泊ライフ

今後も読者様のお役に立てるような記事コンテンツ作りに精進して参りますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

それでは、当コンテンツをお楽しみください▼

 ***************************

パタゴニア・レトロX

 

 

パタゴニア大好きっ子のわたしがレトロXカーディガンにどハマりして15年以上経ちますが、いま保有しているのは3代目、コイツもかれこれ10年近く愛用してます。
着心地最高、しかも軽くて超暖かいとあれば毎シーズン相応の着用回数なので、いい加減それなりに使用感も出てきて毛玉の量がすごいことになってきました。

 

パタゴニア・レトロXの毛玉

 

パタゴニア・レトロXの毛玉

 

パタゴニア・レトロXの毛玉

 

パタゴニア・レトロXの毛玉

 

パタゴニア・レトロXの毛玉

 

今までは毛玉を見つけるたびにむしって除去してきたのですが、さすがにおびただしい量が目立ってきたので、ここらでいっちょ本腰入れたメンテナンスで復活させようと重い腰をあげました。

お手入れの結論から言うと、「なんでもっと早く取り掛からなかったのか!」と思わずにはいられない見違えるほどの変貌ぶりで大満足しました。
お気に入りのレトロXを復活させたい方の参考になれば幸いです。

 

*免責事項*

 

今回ご紹介するメンテナンス方法はパタゴニアが推奨するものではございません。
お持ちのレトロXの経年数、状態によってはメンテナンス後の結果が様々だと思われますので、自己責任での実施をお願いいたします。

 

 

『クリーニング屋さんの毛玉取り』を買ってみた

 

コチラです▼

 

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ

 

パッケージデザインに関しては何も言うますまい。

裏面には説明書きが▼

 

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ

 

内容物はコチラ▼

 

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ

 

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ

 

「似たようなブラシ家にあるだろ」

って突っ込まれそうですが、そのアンサーとして言っときます。

 

は?衣類に関して専門家のクリーニング屋さんのブラシが最強に決まってんだろうが

 

軽い取説も入ってました▼

 

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ

 

ではさっそく毛玉取りまくりたいと思います。

 

フリースの毛玉を取って取って、取りまくる!

 

取説によるとですね、スナップを効かせた手首の回転が重要みたいなので、まずは仰せのままにトライしてみます。

 

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ


軽くやっただけでけっこう取れました▲

予想以上に取れるので、この時点で楽しくなってきました。

 

〜全体をくまなくブラッシングすること数十分〜

 

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ

 

▲同封の「ブラシの毛玉を除去する金ブラシ」で取ってみます。

 

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ

 

【結果発表】

 

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ

 

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ


▲けっこうエゲツない量の毛玉がごっそり取れました。

 

フリースの毛玉取り【ビフォー・アフター】

 

パタゴニア・レトロX

 

パタゴニア・レトロX

 

パタゴニア・レトロX

 

 ▲めっちゃキレイになりました!

 

*注意点*

 

ごっそり毛玉が取れて見違えるほどキレイになりましたが、若干気になる点というか、注意喚起をいくつか記載します。

 

 極小の毛玉は取れなかった

 

ミリ単位の目立つ毛玉は面白いほどによく取れるのですが、フリースの起毛に埋まってしまっているような1ミリ以下の極小の毛玉(白っぽいやつ)は取れませんでした。

ブラシの繊細な毛質が起毛に埋まった毛玉取りには適していないのかもしれません。

 

フリースの毛質が変わる恐れアリ

 

ぼくの場合だけかもしれませんが、パタゴニア・レトロX特有の、あの独特なモコモコ感の質がブラッシングにより変わった箇所がありました。

あくまでぼくの力加減が強すぎたせいだと思うんですけど、ブラッシングで毛玉を取る際には力加減を十分に注意したほうがいいです。

 

ぼくのはもともと散々着倒してるフリースなのでいまさら毛質が変わろうが全く気にしてはいないんですけど、気にする人はいるかなぁと思いまして。

 

まとめ

 

という感じで「パタゴニア・レトロXカーディガン」の毛玉取りメンテナンスしてみました。

 

ブラッシングによるメンテナンスは今回が初めてだったので毛玉が大量に溜まってしまいましたが、シーズン終わりにちゃんと毎回お手入れしていればここまで大事にはならないので、ちゃんと定期的なメンテナンスはやったほうがいいですよ(自戒を込めてw)

 

妻が【パタゴニア レトロX】を新調したので、サイズ選びや注意点について新ブログにまとめました▼

shachuhaku-life.com

 

よかったらそちらも参考にしてみてください▲

ではまた!

 

 

【▼ダナーライトのお手入れはコチラ▼】 

 

 

【▼レッドウィングのお手入れはコチラ▼】 

 

 

【▼スウェード素材のお手入れはコチラ▼】