車中泊のメリット&デメリットについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20180512070742j:image

 

セカンドカーを購入してから何度か車中泊をしたのですが、その中で見えてきた、宿泊施設を利用しての一般的な旅行と比べたときのメリットとデメリットをシェアしたいと思います。

 

今後、車中泊旅行してみたい方の参考になれば幸いです。

 

2018年5月23日更新

車中泊のメリットとデメリット

 

*本文に入る前にご報告させていただきます*

当ブログにお越しいただきまして誠にありがとうございいます。

この度、執筆活動のフィールドを新ブログに移しましたことをご報告させていただきます。

つきましては、既存コンテンツは残しつつも当ブログ『どこかの片隅 DIY』の更新を一時的にストップし、ゆくゆくは新ブログとの統合、もしくは別のブログへと移設する予定でございます。

今後しばらくは新ブログ『車中泊ライフ』一本で活動して参りますので、お時間ありましたらソチラの方にもお立ち寄りいただければ嬉しく思います。

新ブログはこちら→車中泊ライフ

今後も読者様のお役に立てるような記事コンテンツ作りに精進して参りますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

それでは、当コンテンツをお楽しみください▼

 ***************************

 

車中泊のメリット

 

メリットについては以下になります。

 

  • フットワークが軽い
  • 旅費が安い
  • 非日常感を得られる

 

フットワークが軽い

 

家を出るときに就寝用のセッティングをして出発すれば、車中泊可能な場所であれば自分の好きなタイミングで寝ることができ、起きたらそのままアクティブな行動に直結することができます。

 

宿泊施設などと違いチェックイン・アウトなどのやり取りを必要としないので、思いつきで動ける自由気ままな旅が可能です。

 

旅費が安い

 

当たり前ですが、宿泊施設などを利用する場合と違って旅費を安く抑えることができます。
車中泊なら宿泊費がそのまんま浮く場合も多いですからね。

 

あまりお金をかけずに旅を楽しみたい場合に車中泊はピッタリな方法です。

 

非日常感を得られる

 

年齢を重ねると、旅館やホテルを利用した旅行はそれなりに経験していると思いますが、そういう旅にちょっと飽きたな、って方にオススメしたいのが車中泊です。

 

決して広くはない車内で四苦八苦しながら快適に過ごそうとする過程も楽しめますし、出先で眠くなってしまったらそのまま就寝に直行という自由さも童心を思い起こさせてくれます。

 

 

車中泊のデメリット

 

デメリットについては以下です。

 

  • 慣れるまで体がツライ
  • 必ずお風呂に入れるわけではない
  • まれに危ない体験をする

 

慣れるまで体がツライ

 

車中泊を始めたばかりの頃は、なかなか寝付けなかったり、環境に適応できず寝起きの体が痛かったりでツライ場面も多々あると思います。
もちろんボクもそうです笑

 

しかし車中泊を何度か経験すると、自分にとっての車内に於いての快適性が見えてくるので、そこへ向かって模索しながら過程も楽しめれば、体はすぐに順応してくれます。

 

必ずお風呂に入れるわけではない

 

キャンピングカーとは違いただの一般車ですから、もちろん車中泊時にはお風呂に入れません。

 

とは言え、車中泊ができる施設にはシャワー設備が併設されているところもありますので、さほど問題ではないかと思います。

まぁぼくは元々、1日お風呂に入れないのは気にならないタチなので全く問題はないです。

 

まれに危ない体験をする

 

 

▲でも書きましたが、ごくまれに「危ない体験をする」こともあります。

ごくたまーにですがね。

 

車中泊ってめっちゃ楽しいので色んな人に体験して欲しい気持ちもあるのですが、何度か危ない目にあった経験者として、楽しさと共に警鐘も鳴らしとくべきかなーと思いますので、よかったら▲の記事も参考にしてみてください。

 

まとめ

 

何度か車中泊を経験した今、思いつくメリットとデメリットをまとめてみました。

とにかく、車中泊はメッチャ楽しいので、興味がある方にはぜひ体験してみていただきたいと思います。

 

ではまた!

 

 

【▼車中泊初心者にオススメの記事まとめ▼】

 

shachuhaku-life.com