地震がコワイから防災グッズを紹介する。自然災害に備えておきましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20180620190915j:plain

 

最近、日本各地で断続的な地震が多いじゃないですか。

以前から言われてる「関東大地震」がちょっと心配になってきたので、ここらでいっちょ防災グッズを見直しておくか、と思い腰を上げて足りなそうなものを買い足したりしました。

 

ということで今回は我が家の防災グッズをご紹介します。

 我が家の防災グッズをご紹介

 

一口に防災グッズと言っても、食品からボディケア用品まで、挙げればキリがないくらい多くありますが、そんな中でも我が家の防災グッズは「最低限これはなきゃヤバイだろ」ってモノを厳選して準備してあります。

なのでそんなに量はないですが、これから「防災意識を高めて色々準備しよう!」ってかたの参考になれば幸いです。

 

では早速いってみましょう。

 

 

食事&飲料水

 

何はともあれ食わなきゃ生きていけないので、最優先事項として保存の効く食品を多数用意しました。

一般的には、ライフラインが復旧、配給が始まるまでの量を準備しておくのが良いとされているので、3日〜5日分ぐらいを目安に用意しておくといいですね。

(我が家は大人2人:1日3食計算で3日分を用意しています)

 

カップラーメン

 

みんな大好きカップラーメンです。

寒い季節に被災したら暖かい食べ物はありがたいですよね。

 

一説によるとカップラーメンの「消費期限」は「製造から約9ヶ月」と設定されているそうなので、一度買って備えておけばしばらくは安心できますね。

ちなみに我が家はamazonで箱買いしてます。

 

 

 カップラーメンを食べる上での難点といえば「お湯」なんですが、その解決策というかそれように使えるグッズもあるので後述します。

 

カンパン

 

はい、定番のカンパンです。

正直言うとそんなに「美味しい」とは思いませんが、無いよりはあったほうがいいので一応買っておきました。

食事のバリエーションを増やすことも大事ですしね。

 

 

 缶詰

 

こちらも定番ですね。

缶詰の何がいいって味が豊富なところですよ。

普段食べてる好物をいくつか揃えておけばいいんじゃないかと。

 

「小分けに揃えるのめんどくせー!」

 

って人には▼のようなセットも売ってます。

 

 

 井村屋 えいようかん(羊羹)

 

 

保存食に羊羹とか意外じゃないですか?

ぼくもたまたま先日ネットで見つけて買ってみたのですが、これが結構オイシイんですよ。

 

しかも、

 

5年間長期保存。

 

羊羹が苦手な方にはチョコレート味もありますよ▼

 

 

 飲料水

 

飲料水は必須です。

下手したら食料より大事なんじゃないかと。

 

被災した方のリアルな体験談として、大人1人に対して1日に3リットルの飲料水を確保しておくと良い、との情報を得ましたので、それを元にご家族の人数分用意しておくといいと思います。

 

水に関してもまとめ売りされてる商品があります▼

 

 

 被災&避難時

 

いつなんとき被災するか分からないので、あらゆるシチュエーションを想定して準備しておくことをオススメします。

 

以降では、被災直後や避難時に必要&便利だと思われる、実際に普段ぼくが使ってる道具をご紹介します。

 

 LEDランタン

 

 

主にキャンプ時に使っているLEDランタン▲なのですが、それを就寝時には枕元に置いて夜中の災害に備えています。

 

じつはコレ、USBでスマホも充電できるし1台で最大5つの灯りにもなって、しかも懐中電灯としてもお使いいただける優れものなんです。

過去記事にも書いておりますので、詳しくはそちらをご参照ください▼

 

www.katasumi-diy.com

 

 ヘッドライト

 

これも夜中の被災に備えたグッズですね。

寝てる最中に大きい地震がきた場合、ガラス片などが飛び散った悪路の上の避難を余儀なくされる可能性もあるので、そういったシチュエーションを想定して防災リュックの中にしのばせています。

 

ちなみに我が家は「電池式」と「充電式」を揃えています。

 

 

 ガスバーナー

 

 

 ▲こちらはぼくがキャンプで愛用しているコールマンのバーナーなのですが、こういったガス式のバーナーを一つ準備しておくと、先に紹介したカップラーメンを食べるためや体を拭くとき用にお湯を沸かすことができて便利です。

 

とは言え避難所の中だと火元の使用が厳禁かもしれませんので、そこら辺は使う前に要確認です。

 

 ソーラーパネル 充電器

 

 

 ▲こちらはUSBで充電できるソーラーパネルです。

 

震災時に連絡手段となる携帯電話を充電する手段は多い方がいいと思い、ちょっと値は張りますが安心を買う、という意味でも買っておきました。

身元安否の確認にも携帯電話は必須ですからね。

 

サバイバルシート

 

 

見たことある人も多いと思いますが、銀色の保温シートですね。

いつなんときどんな状況で被災するかわからないので、そんなかさばるものでもないので防災リュックに忍ばせておきました。

夏でも夜は冷えるときもありますからね。

 

 まとめ

 

とりあえず、今現在準備してあるのはこんな感じですね。

今後も情報をかき集める中で必要そうなものがあったら追加していきますので、そのときはこの記事に追記しようと思います。

 

日頃の防災意識は大事ですよ。

備えあれば憂いなし、です。

 

ではまた!